景色

ふるさとを元気に

家族

どのような制度か

ふるさと納税とは生まれ育った地元から離れて暮らす人が少しでも地元に納税する方法はないか、という問いに対する答えとして作られた制度です。名前はふるさと納税となっていますが、手続き上は寄付として扱われ、寄付金のうち自己負担分の2000円分を引いた全額が税金から差し引かれる対象となります。年収や家族構成などによって差し引かれる上限が異なりますが、ふるさと納税は納税先を自分で選べ、さらに納税先によってお礼の品が受け取れます。お礼の品は主にその自治体の特産物や製品であることが多く、食品や家電、施設利用券などさまざまです。食品や家電はその自治体の生産者たちと提携して提供されていることが多いです。納税するときの手続きは各自治体によって異なりますので納税したい自治体のホームページを見たり、ふるさと納税を専門で扱うサイトを利用したりして間違いのないようにしてください。

納税の仕方

具体的な手続きの中身は異なりますが、共通点もいくつかあります。まず、ふるさと納税をすることで得られる税金の控除額は納税先によって変わることはありません。次に、納税先は一つに限られず、希望すれば複数の自治体に対してすることができます。そのため、納税先は必ずしもふるさとである必要はありません。さらに、自治体によって納税したお金の使い道を指定できるところがあり、お金の使われ方を監視することができます。お礼の品ですが、納税額によって差を設けているところが多いため家電など比較的高価なものをお礼に出している場合は納税額と控除を受けられる額とを確認してから寄付したほうがよいです。一部心無い人が家電など換金性の高いお礼の品を転売して利益を上げる人がいますが、お礼の品自体も税金によってまかなわれているため本来の趣旨から外れた納税の仕方をしないようにしてください。